「後遺症」について

あなたは、『後遺症』という分野に関して、どのくらいご存じですか?後遺症について簡単に説明すると、例えば事故や病気で怪我を負ったり、体の内臓や血管に問題が生じたりしたら、すぐにその症状に対して必要な治療を行う必要があるのですが、その怪我や病気自体の治療が終わって安定した状態になっても、体の一部に機能障害が見られている状態、それを『後遺症』と言い、主に事故が原因で負った症状を『後遺障害』とも言います。
その状態は、いわば生活に支障をきたしている状態であり、収入を得るための仕事、または生活そのものが困難である場合もあります。
介護がなければ、自力で生活を行えない場合もあります。
それら症状の大小にかかわらず、『後遺症』として診断されるものが、それに当てはまります。

そもそも『後遺症』として認められる…いわば国から認定されるには、医師の診断が必要です。
医師の診断を受け、正式に後遺症が認められると、必要な国からの援助や保険金などが下りるようになります。
もし後遺症が自分では認められていても、症状を確認し、医師の診断書付きで申請しないと、例えば交通事故による後遺症の場合は、人身事故として認定されない場合があります。

いわゆる『後遺症』は、身体的な機能障害だけではなく、精神的な障害も含まれます。
事故等が原因で負った心的ストレスによる症状も、後遺症として認められる場合があります。
では、交通事故による後遺症にはどのようなものがあるのか、次のページから取り上げたいと思います。